HOME > 自然素材をおすすめする理由

自然素材をおすすめする理由


1. 天然木を使った家づくり

shizensozai001適度な弾力や風合いの良さや香り、その質感とともに保湿効果もある天然のムク材。

使い込むほどに本物の木だけが見せる味わい。
時間が経てば経つほど美しく、ゆっくりと色目に深みが増し、ピッタリと肌に馴染む手触りになります。

室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿度が高い時には水分を吸収してくれる調湿機能を持っている天然木は、季節によって反(そ)ったり、少し隙間ができたり、床鳴りもすることがありますが、これは木が呼吸し、生きている証拠。

自然の中で生きてきた天然木だからこそ、“人に調和する”様々な効果も存在するのです。

天然木が人に与える効果には、
・不均一な木目が癒しを生む「ゆらぎ効果」
・木が空気中に発散する『フィトンチッド』という香り成分による「リラックス効果」などがあります。

さらに『フィトンチッド』の効果をひも解くと、防カビ・防菌・防虫効果の他、空気を浄化・消臭する働きなども存在します。天然木は自然と人を調和させる最高の材料なのです。

 

2. 天然木が持つ「フィトンチッド」の効果とは?

1.消臭効果がある

shizensozai002排泄物臭、生ゴミ臭、タバコ臭、汚水臭などを除去します。フィトンチッドが空気中のにおい物質と接触して消臭反応を起こし、無臭の安定物質に変化させます。

 

2.アルファ波効果がある

森の中で深呼吸すると気分が落ち着き、さわやかさを感じませんか?

これは森林浴効果と呼ばれているもので、森林の樹木が放出しているフィトンチッドが、脳内のアルファ波(α波)を増加させるからです。

アルファ波(α波)には、気分を落ち着かせるリラックス効果や集中力のアップ、想像力(カンやひらめき)が発揮されやすいなどの効果があります。

 

脳波 周波数 心身状態
ガンマ(γ)波 30ヘルツ 不安・興奮・イライラ
ベータ(β)波 13~30ヘルツ テキパキ物事を処理している時・緊張
(人間が目覚めている時の通常の状態)
アルファ(α)波 7~13ヘルツ リラックス・瞑想・集中
没頭・カン・ひらめき・リフレッシュ
シータ(θ)波 4~7ヘルツ 疲労・うたた寝・ぼんやり・睡眠
デルタ(δ)波 0.5~4ヘルツ こん睡・熟睡

 

3.防カビ・防菌・防虫効果がある

shizensozai003日本では昔から天然木が建築材料として使われてきました。これは、高温多湿な日本におけるカビなどから建物への影響を抑えるためです。

ヒノキのタンスなどが古くから愛用されているのも、その防虫効果によるもの。お寿司屋さんや居酒屋さんのカウンターに天然木を使用しているのも、フィトンチッドに細菌の増殖を抑制する働きがあるからです。

このようにフィトンチッドにはカビや細菌の増殖を抑える働き、食品への防腐・殺菌、家ダニなどへの防虫効果があり、その存在自体が知られていない昔から日本でもその力が利用されてきました。

 

4.有害物質(ホルムアルデヒドなど)の低減効果がある

フィトンチッドにはオゾン・NOx等の有害物質を低減させる効果があります。
また、シックハウス症候群の原因ともいわれるホルムアルデヒド等の室内汚染物質も中和してくれます。このように、「フィトンチッド」の効果だけを見ても、たくさんの癒し効果を持っているのが天然の無垢材。
合板のフロアや建具からすると、高価なものですが、それだけの価値もある素材なのです。

shizensozai004

 

その他にも木材のメリットをあげると・・・

shizensozai005・断熱性に優れ、冬でも裸足で立っていられます。
・調湿性に優れ、夏でも床がベトベトしません。
(木材の呼吸を妨げないように自然素材専用の塗料を使うことで発揮されます)
・耐久性に優れ、傷を味だと捉えてもらえれば、何十年も何百年も長持ちする材料です。
・足や膝に負担が少なく、アトピーやアレルギーの心配も少なくなります。
・子供の身体や精神面にとって、とてもいい環境です。

また天然木は日頃のお手入れが大変だと思っている方も多いみたいですが、実際に住まわれているお客さまにお話を伺ってみると・・・

「確かに最初は多少気を遣うこともあったけど、さほど問題はありませんでした。
傷がついてしまっても目立ちにくいし、味になるのでほとんど気にならない。
それよりも素材の持つやさしさや落ち着きを毎日実感し、癒されています。
ぜひ、他の皆さんにも薦めてあげてください。」

というご意見を本当にたくさんのご家族からいただきました。
だからこそ、私たちは天然木の家を心からおススメしています。

ずっと自然に寄り添って暮らしてきた人間にとって、自然素材が一番合っているもの。
だから本当は「自然素材の家で暮らすことが当たり前」なのではないでしょうか。

“自然と人が調和する暮らし”をつくること。

これも「僕らの家づくり・・・」です。(笑)

 

柿渋(床の自然塗料、塗り壁)をおススメする理由

柿渋(かきしぶ)とは?

kaki2渋柿の未熟果を擦り潰して搾汁して、発酵させ濾過したものを「柿渋(かきしぶ)」と言います。柿渋液の中に含まれる「柿タンニン」には防水、防腐、防虫効果があり、塗布することで効果を発揮します。

 

 

柿渋は古くから世界中で使われている素材です

shizensozai007

柿渋は漢方薬としても用いられ、高血圧降下剤としてや、 火傷の塗り薬、二日酔いの薬、食品の防腐剤、木材の保護剤としても活躍してきました。また、酒造家では濁り酒や醤油のオリを取り除く「オリ下げ剤」として使われるなど、柿渋は日本人の生活はもちろん、あらゆる方面でなくてはならない存在でした。 このように、柿渋は古来より人々の生活の中でさまざまな役割を担ってきましたが、近代化の波とともに需要は激減しました。しかし工業製品としての柿渋の存在意義は縮小されましたが、最近では粋で自然な色合いを醸す自然塗料として、大いに注目されるようになりました。

大阪府立大学農学部の研究でシックハウス症候群の主なる原因であるホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質の吸着・中和能力があることが発表されました。最近では柿渋タンニンの持つ強力な消臭力を活用し化粧品など多くの分野で、その機能が見直されています。

 

柿渋の短所は?

1.柿渋の塗り壁は値段が高くなってしまう

柿渋は自然や環境に優しく、人やお家にも優しい材料ですが、塗り壁の材料をつくる工程や職人さんの現場での作業工程を考えると、工業生産されたクロスなどと比べ、値段が3~5倍ほど高くなってしまいます。

床の自然塗料の柿渋は比較的手ごろな値段アップで仕上げることができます。

 

2.柿渋は塗装してすぐは臭いがあります

安全性が高いうえ、防水・防虫・防腐効果などの優れた機能を持つこの自然塗料の代表にも弱点があります。古くより木材保護塗料として使われてきた柿渋ですが、 醗酵製品特有の[臭い]が使いづらさの原因でした。 ただし通常、塗装後2~3週間もすれば臭いは抜けます。

Gハウスでは、「パーシモンカラーワークス」という柿渋塗料を採用しています。従来の柿渋に代わり柿抽出エキスを採用。 柿渋の高い機能を持ちながら、柿渋の臭いはゼロなので安心です。

 

 

柿渋の長所は?

shizensozai0081.シックハウス原因物質を強力に消します

シックハウス症候群の主な原因物質を吸着・中和する柿渋タンニンを、抽出・凝縮したエキスを、配合した塗料は、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドをはじめとする有害物質を30分で約99%低減します。危険な有害物質から家族と健全な室内環境を守る、究極のシックハウス対策塗料です。

 

2.消臭効果で嫌な臭いを消してくれます

生ゴミ、冷蔵庫の中、タバコ、ペット、足の臭いや加齢臭などの生活全般の嫌な臭いの成分(アンモニア、トリメチルアミン硫化水素、イソ吉酸、n-酪酸)には、平均消臭率96%以上を消臭することが実証された塗料を採用しています。 最近では、加齢臭用の石鹸や、靴の臭い消しなどでも知られる、柿渋の消臭効果を、家そのものに消臭効果を持たせる、まさに「臭い対策の決定版」です。

 

 auto-iAzEAb

 

 

3.抗菌・防腐効果で家族の健康を

古くは法隆寺や薬師寺の建材に防腐剤として使われたと言われる柿渋。

「柿渋タンニン」には高い抗菌作用があり、木材腐食菌の増殖を防ぎます。

また、屋内において健康に害を及ぼす恐れのある、 大腸菌・白癬菌(水虫)・ブドウ球菌の増殖も防ぐ効果もあります。

まさに、湿度が高い日本の気候い・風土に合った自然塗料と言えます。

また、広島大学の坂口剛正教授(ウィルス学)のチームによるとノロやインフルエンザといった幅広い種類の

ウィルスをやっつける力があることが確認されました。

柿渋に含まれるタンニンがウィルスを無効化しているそうです。

柿渋は食品が原料なので安全性が高く、安心して家族の健康を守ることができます。

 

4.調湿作用でいつも快適に過ごせます

柿渋塗料は、その調湿作用で湿気を吸収してくれることで、夏涼しく冬暖かい室内環境に整えてくれます。

 pw_graph000

 

 

5.石油由来の溶剤ゼロ 無添加の自然塗料です

現在、私たちの自然塗料市場にはドイツ製の塗料が多く普及していますが、 その中には石油由来の溶剤を含有した商品が多く含まれ、中には 成分の60%以上が石油由来の溶剤で出来た製品も見受けられます。

Gハウスの柿渋塗料は石油系の溶剤を一切不使用! 徹底的に無添加・自然素材にこだわった「本物の自然塗料」です。

 

 

6.無垢材の質感・機能を活かす

Gハウスで採用している柿渋塗料は水性の浸透塗料です。 塗膜塗料と異なり、木の呼吸・調湿作用を妨げません。 無垢材の機能・質感・ぬくもりをそのままに、素材感を引き立たせます。 また、従来の柿渋塗料では実現できなかったクリアを始め、豊富なカラーバリエーションで、様々なシーンで素材の良さ引き立たせます。

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.