HOME > ブログ > 自然素材の良さとは・・・

自然素材の良さとは・・・

2016-04-08

図1池田泰弘です。

随分と暖かくなりましたね。

季節が春になってくると、天気予報の花粉予報に

関心のある人がたくさんおられることと思います。

 

今日は花粉症やアトピー、化学物質過敏症の方に向けて、

自然素材についてのお話をします。

自然素材といえば無垢材、漆喰 、珪藻土が有名ですね。

まず無垢材について・・・・

無垢材とは天然の木材のこと。

見た目の美しさはもちろんですが、自ら湿気の吸収・放出を繰り返す

調湿機能を持つのが大きな特長です。

無垢材に対し、様々な木材を貼り合わせたものを集成材と言います。

集成材に使われる接着剤からホルムアルデヒドが発生するおそれがありますが、

無垢材は天然のものですから、建材として安心して使えます。

 

漆喰について・・・

図2

漆喰は、石灰に麻の繊維を加え、海草などからつくられた接着剤・水をくわえて練り上げてつくる素材。主に壁材として用いられます

漆喰は二酸化炭素と反応して硬化する性質があるため、時が経つほど硬くなっていきます。

また、アルカリ性で殺菌作用があるほか、空気中のにおい成分や有害物質を吸着・分解する作用もあります。風合いの美しさはもちろんですが、調湿・断熱・消臭や化学物質の吸着・分解といった様々な作用を持った優れた建材だと言えるでしょう。

 

珪藻土について・・・

図3珪藻土は、大昔の珪藻(藻類の一種)が長年にわたって海底・湖底に積もって化石となったもの。昔から火に強い土として七輪などに用いられてきましたが、住宅においては主に壁材として用いられます。

珪藻土には、肉眼では見えないナノメーター単位の孔が無数に空いており、この孔が調湿・脱臭・耐火などの優れた効果を生み出します。

特に調湿作用に優れており、自ら湿気の吸収・放出を繰り返しながら住まいの湿度を調整することで、湿気による結露を防止して住まいを長持ちさせてくれます。また、揮発性化学物質が発生しないため空気が汚染されず、常に清潔な室内環境を保つことが可能です。

 

 

 

 

と、ここまでは聞かれたことがあるかと思います。

しかし、私が本当にお勧めしたい自然素材とは、これ以外のものなんです。

次週金曜日に、そのお話をしますので楽しみに待っていいてくださいね。

 

1度、自然素材の家に興味がある方も、初めて知った方も、このようなお家もご検討に入れては、どうでしょうか。

Gハウスでは、4/9(土)4/10(日)4/16(土)4/17(日)にとなりの都島区で完成見学会がありますので、そちらで完成した自然素材のお家を見ることができます。

 

完成見学会、開催!

◆「塗り壁が個性的な四角いお家」始まりの4月のOPEN HOUSE◆

日時:2016年4月9日(土)~10日(日)、4月16日(土)~17日(日)

午前10:00~午後4:00まで

会場:大阪市都島区内代町3丁目4-6付近

※お施主様のご厚意によりご入居前のお家を見学させていただけます。

お申込み・お問い合わせ:0120-88-3421(9:00~18:00、火・水は定休日です)

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.