HOME > ブログ > 整理整頓

整理整頓

2016-04-29

設計の丹野です。

 

みなさんは“整理整頓”は得意ですか?
Gハウスは、設計計画の中でも「収納」について特に力をいれているのですが、

日ごろ何気なく使っている“整理整頓”という言葉の意味を、きちんと調べたことがある方が

どれほどいらっしゃるでしょうか。

 

整理と整頓という言葉を、別々に辞書で調べてみると・・・、

 整頓:1.きちんと整った状態に片付けること

なのに対して、

 整理:1.乱れた状態ものを整えて、きちんとすること。
    2.無駄なもの、不要なものを処分すること。

と、大きく2つの意味がでてきます。

だとしたら“整理整頓”の意味は、
「まず無駄なもの、不要なものを処分し、その後必要なものを整った状態に片付けること」

ということになります。

 

散らかった部屋

 

←例えばこんな感じ。

 すべてが必要なモノでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

みなさん「整理」の部分をきちんと意識していますか?
このときの“無駄なモノ、不要なモノを処分する”とは、壊れたり消耗したりして使えなくなった、

いわゆる「ゴミ」を処分することだけではありません。
本当に使っている、もしくははっきりと使う予定がある“必要なモノ”以外のものすべてを処分

することを意味しています。

 

整頓のために残すものは“必要なもの”だけ、なんです。
「まだ使えるから」「もったいないから」というだけの理由で、家の中のものを処分できずに

溜め込んでいませんか?

家の中が“使っていないもの”であふれはじめたら要注意です。
モノは使ってこそ価値があるのです。たとえ装飾品だって、きちんとした場所に飾られてこそ

必要なモノとしての価値があるのです。

 

思い出の品など、使っていなくても捨てられないモノだってありますよね。

それはもちろん“必要なモノ”のひとつ。

きちんと置き場所を作ってあげて、管理しましょう。

そういうものも、とりあえずすべてを残すのではなく、時々見直して「残すものと手放すもの」を

考えて保管してくださいね。

 

片付け2

 

 

片付け1

 

 

家の片づけを考えるときは、まず一番に「無駄なモノ、不要なモノ」が残っていないかを考え、

手放す方法を考えてください。

ただ単に捨てるということだけでなく、リサイクルショップに出したり、必要としている人に譲ったり、

自分なりのいい手放し方をすることで、モノを処分することに対する抵抗がなくなります。

モノを処分することは悪いことではありません。

 

“必要なモノ”だけに囲まれた生活を目指してみませんか?

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.