HOME > ブログ > 窓辺の意匠替え

窓辺の意匠替え

2016-07-07

設計の丹野です。

 

2~3ヶ月前のニュースレターで、「自宅のカーテンを変えようと思っています」と

いった内容のことを書いた記憶があるのですが、どういう感じにするかをなかなか

決めることが出来ず、数か月が経ってしまいました。

 

梅雨もそろそろ終わり、本格的な夏になる前に、ようやく意匠チェンジができました。

正確にいうと、私の計画の中ではまだ途中の段階なのですが、家族の意見も

あって、しばらくはこの状態のままでいくことになりそうです。

 

 

ではまずはビフォーから↓

 

IMG_1916

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にもご紹介したことがあるのですが、我が家の掃出し窓は床から43㎝程度上がった

ところについています。

出窓のようなスタイルになっていて、窓の前に腰かけることができます。

 

窓内側にミラーレース(透けにくい仕様になっているもの)カーテンを吊り、その前に

天井カーテンボックスから床付近までの体育館の舞台カーテンのような形の重厚な

冬仕様カーテンを吊るというWカーテンの構成でした。

 

 

 

この季節になると、ちょっと暑苦しいですね(笑)

 

そこで、がんばって意匠チェンジです↓

IMG_1919

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い切って、カーテンは両方とも外して、ブラインドにしました。

光の加減で、写真では赤色っぽく見えますが、現物は赤ではなく茶色です。

 

エコを意識して、商品はバンブーブラインド ぽぽら[ニチベイ]です。

ぽぽら

 

竹は木の何倍も成長するので、森林保護に

貢献するエコ素材です。

材料が多く調達できるので、それだけ

お値段もお安くできるということ。

 

 

 

木製ブラインドと同様に、ナチュラルで優しいイメージを残しつつ、お値段は控え目。

家計にもやさしいですね(*^_^*)

images

 

※今回の使用商品の色は色見本内[ブラン]です。

 

 

 

 

 

 

最後まで[ナチュラルバンブー]にするか迷いましたが、建具色がブランに近い色だと

いうことで、最後は[ブラン]に決定しました。

 

ブラインドの色はそんなに明るい色ではありませんが、壁の白が多く見えるようになったことで、

部屋の中は、かなり明るくなった印象です。

 

いつになるかわかりませんが、続きの意匠替えが完成したら、またアップします。

お楽しみ?!に・・・。

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.