HOME > ブログ > 気密性に関する値のC値って。。。?

気密性に関する値のC値って。。。?

2016-07-26

こにちは。  池田 祐規です。

 

高気密。 高断熱。

 

 

最近この言葉をよく耳にするかと思います。

 

 

私も、この業界にまだ入ったばかりですので、初めて「高気密・高断熱」という言葉を聞いた時は、全然わかりませんでした。

 

 

ここで簡単に『高気密住宅とは何ぞや』をまとめてみます。

 

 

①住宅の隙間を減らすことで熱損失を少なくした、冷暖房効率の良い住宅

 

②住宅の保温が図れ、冷暖房要エネルギーの消費を抑えられる住宅

 

③結露を解消するなど、生活環境の快適性を高めた住宅

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

この「高気密」には、客観的な基準が設定されていて、その基準は、「C値(すきま相当面積)」というモノサシで計ることができます。

 

 

これは、文字通り、その家にどれくらいの隙間があるかを表す値で、住居全体の隙間面積を延床面積で割ることで計算できます。

 

 

この数値が小さいほど建物の気密性が高いということになります。

 

 

元々、C値の基準は1979年の「エネルギー使用の合理化に関する法律」から生まれました。

 

 

その後、1992年に「新省エネ基準」が定められ、世間にもだんだんと省エネの知識が広まっていきました。

 

 

初めて聞いたかたが、ほとんどだと思います。

 

 

こいった値もあるんだな〜といった感じで、これから、お家をお考えの方は、ぜひ高気密、高断熱を意識して、お家選びを行うことをおすすめします。

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.