HOME > ブログ > ショールームへ行こう

ショールームへ行こう

2016-09-01

設計の丹野です。

 

みなさんはショールームへ行かれたことはあるでしょうか。

オープンハウスや住宅展示場といった家そのものの見本ではなく、キッチンやユニットバス、

窓や玄関ドアなど住宅を構成している色々なパーツを作っている各メーカーのショールームです。

 

o0480064013709542978

 

Gハウスでは、窓や玄関ドアなどの外部建具、

キッチンなどの住宅設備、各部屋のドアなどの内装建具、

ベース照明を構成する照明機器のショールームには、

必ず行っていただくようにお勧めしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カタログやサンプルだけでは実感できない各部のサイズ感や、実際の色などを

現物サイズで見ていただくことはとても大切です。

 

662b29e2e2ce3cf9a665cc49680f18ef

 

 

 

 

TOTO2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ショールームには最新型かつ最高グレードの商品も多く展示しています。

漠然と見に行くと、いいものばかりが目について目移りしてしまったり、たくさんの

商品の全てを端から順番に見ていってしまうと、目的を果たす前に疲れてしまいます。

 

まずショールームに行く前には、実際に採用を予定している商品を、打ち合わせや

カタログなどでしっかり確認していただいて、その内容についてショールームで詳しく

説明してもらってください。

事前に気になったオプションパーツや類似品などがあれば、この機会に

ショールームアドバイザーさんに疑問点など質問してみるのもいいですね。

 

ショールームではその打ち合わせの内容をまとめて、お客様ごとに定価の見積もりや

提案書を作成してくれますので、その後はそれを元に家づくりの打合わせを進めていきます。

 

気が向いた時にふらりと立ち寄ることも可能ですが、はじめはしっかり予約を取って、

計画的に見学しましょう。図面などの資料を元にアドバイザーさんに詳しく説明をして

もらうには、必ず予約が必要です。

ご自身で予約することも可能ですが、基本は私たちが予約をお取りしています。

 

色や細かい部分の再確認など、アドバイザーさんの説明がなくても大丈夫な場合は、

出かけたついでやご家族の空き時間を利用して、予約なしで見学することも可能です。

 

その他、外壁材や壁紙、カーテンなどなど、様々な商品のショールームがありますので、

興味のある方は、ぜひ色々なところに行ってみてください。

ご家族揃って家づくりの体感の場として、とても参考になると思います。

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.