HOME > ブログ > 憧れを取り入れる。

憧れを取り入れる。

2017-01-14

設計の丹野です。

 

 

数日前、とてもキレイな満月だったことを、知人のfacebook投稿で知りました。

「あ〜、残念。見逃したぁ」と思った後、ふと思い出したことがあります。

 

月

 

「寝室の窓から月を見ながら眠れたら、

 いい夢が見られそうだなぁ」と思っていたこと。

 

「自分の家づくりを考える時は、寝室から月が

 見えるよう計画しよう」と思っていたこと…。

 

 

 

 

 

残念ながら、今の私の寝室から月を見ることはできませんが、月を見る絶好の場所を

確保しました。

 

それは…“ルーフバルコニー”。

 

いわゆる屋上ですね。

↓我が家はこんなにステキではありませんが…(笑)

ルーフバルコニー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根部分の傾斜が緩いルーフバルコニーは、雨漏りの可能性が高まるといったリスクを

併せ持っています。

信頼性の高い防水層の施工と、それを維持するための点検や早めの補修は必須と

言えるかもしれません。

 

 

でも家づくりで大切なことは、現実性だけではありません。

 

 

我が家のルーフバルコニーは、階段を上がるのが面倒だと感じることもありますが、

毎日の洗濯物干しに大活躍しています。

 

 

時には月を眺めたり、家族と焼肉やたこ焼きパーティーをしたり、隣家が近い

住宅密集地でも、気兼ねなく“庭感覚”を味わえます。

 

いつか、夏の終わりの涼しい夜、ここで月を見ながら寝てみたい! 

 

…私の密かな願望です。

 

 

 

家づくりは暮らしづくり。

 

安心・安全と健康・快適はもちろんですか、必ずひとつでも憧れを取り入れることを

忘れないでくださいね。

 

それで家に対する愛着度はぐっと高まります。

あなたは家づくりで、どんな憧れを実現しますか?

 

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.