HOME > ブログ > 落下・転落防止も素敵に。

落下・転落防止も素敵に。

2017-02-04

設計の丹野です。

 

少し前、広島での設計研修に私も参加したのですが、その時に見学したモデルハウスは

とても明るくて開放的な雰囲気で、全体的にとても素敵なお家でした。

とにかく細かな部分のデザインがとても良くて、勉強にもなりました。

 

そのモデルハウスの階段は、らせん階段だったんですが、らせん階段じゃなくても、

開放的な雰囲気の階段を好む方、多いですよね。私も大好きです!

 

たとえばこんな感じ↓

階段イメージ1

 

 

でも…。

小さなお子様や、ご高齢の方、

高所恐怖症の方?!にとっては、

「落ちないの?!?!」「怖ーーい」

なーんて少し不安も感じますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、よく登場する対策がこちら↓

 

階段ネット

 

 

色や、目の細かさはお好みでいろいろ

だと思うのですが、手すり部分や段の下側

を覆うように、ネットを取り付ける。

 

というのは、今や定番です。

 

 

 

 

 

 

 

特にお子様への配慮の場合は、お子様が大きくなったらネットは外して、開放感を前面に。

という具合に、アレンジがしやすいのがGOODです。

 

もちろん悪くはないのですが、もう少し違ったイメージのものはないものかと、以前から思っていた

ところに、今回のモデルハウスの階段手すりに使われていたアイデアに、私はとても心を奪われて

しまいました!

 

 

 

 

こちらがそのデザイン↓

 

階段手すり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横パイプに紙製のロープを巻きつけたデザインなんですが、白いスチール製の階段の冷たさを

うまく緩和して、とてもいい雰囲気だと思いませんか?

※設計者ご自身が手作業で巻いたそうです。

 

 

 

 

「私もやってみたーーーい!!」

 

 

 

 

ということで、家でやってみようと思い立ったのが

この部分↓

 

紐のれん

 

 

紐型のカフェカーテンをツッパリ棒で取り付けて、

ダイニング側からの簡単な目隠し&アクセントに

していたんですが、少し雰囲気も変えたいなぁと

思っていたところでした。

 

 

 

 

 

 

そして、完成した真似っこデザインがこちらです。↓

 

糸巻①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸巻②

 

 

 

選んだロープが少し細かったかなぁとも思いますが、

しばらくこの状態を楽しんだら、また次は別の巻き方を

考えてオリジナルアレンジをしてみようかと思います。

 

 

 

 

 

みなさんも、日々の“家育て”楽しんでみてくださいね。

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.