HOME > ブログ > 大阪で新しい注文住宅のカタチを開発する

大阪で新しい注文住宅のカタチを開発する

2017-04-17
02

 

 

こんにちは。

 

Gハウス建築部の池田です。

 

 

 

img_9132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、Gハウスの建築部では、新商品開発を行っています。

 

 

大阪の注文住宅の新しい商品です。

 

 

より快適に、より安全な、より良い商品を、より低価格で、

 

 

まさに「速い・安い・うまい」商品を提供する。 ←社長の口グセです。

 

 

そのための商品開発になります。

 

 

 

 

 

 

 

建築技術、建築材料は日々進化しています。

 

 

今回の商品開発のテーマは、健康 × 省エネ × 適正価格です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は健康について少し。

 

 

 

健康な家とは

 

 

 

健康な家とはどんな家だと思いますか?

 

 

健康に良い材料を使うことは当たり前です。

 

 

その家で住む人の健康に特に重要なのは、そのお家の温熱環境(温度・湿度)です。

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省HPより

 

 

 

 

このグラフは、毎年17,000人もの人が浴室や脱衣場でなくなっているヒートショックを表しています。

 

 

交通事故者数が約4,000人ですから、その4倍以上に及びます。

 

 

ヒートショックの原因は、急激な温度変化による、血管や心臓への負担です。

 

 

高齢者の方がよりヒートショックを起こしやすいので、高齢者の増加に伴い、ヒートショックの数が増えています。

 

 

ヒートショックの原因となる、急激な温度変化は、寒い家がもたらします。

 

 

 

 

 

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省HPより

 

 

 

 

 

2枚目の右側のグラフの通り、

 

 

室温が低いほど、高齢になるほど、起床時の血圧は高くなる傾向があるのです。

 

 

つまり、すでに国(国土交通省)の調査で、温熱環境が健康に与える影響が実証されています。

 

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省HPより

 

 

 

 

こちらは、お家を断熱改修リフォームすることによって、血圧が下がったという調査結果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省HPより

 

 

 

 

こちらは、寒い家の方が、入浴時の心臓への負担が大きいことを示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論を、一言でいうと、

 

 

 

 

 

寒い家は、健康に害を及ぼし、寿命を縮める

 

 

 

 

 

ヒートショックも主に家の中の寒さが原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省HPより

 

 

 

こちらはとても興味深いデータです。

 

 

冬の寒さと死亡率の資料ですが、

 

 

あれ?冬とても寒い北海道の方が死亡率が少ない?

 

 

寒いほうが健康に悪いんじゃ・・・?

 

 

 

 

と感じがちですが。

 

 

 

 

北海道の方が家の中は暖かいのです。

 

 

(北海道は暖房つけっぱなしにしないと、寒すぎて死んでしまいます)

 

 

 

 

 

逆に本州は、冬でも暖房をつけっぱなしにしなくても、我慢をすれば過ごせるので、

 

 

家の中は北海道よりも寒いのです。

 

 

そして、死亡率があがっている。

 

 

(日本人の「我慢」は美徳とする文化も影響があるのかもしれません)

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省HPより

 

 

 

イギリスでは、16℃以下の家は英国保険省に認められていません。

 

 

暖房を我慢した日本の住宅では10℃以下もかなり多いです。

 

 

家の中でダウンジャケットを着ていても違和感がないのが日本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gハウスではヒートショック0(ゼロ)の家を目指すべく、

 

 

高性能な断熱性能をより高めて、目標は、冬の間常時、全室23℃、脱衣場26℃です。

 

 

しかも、省エネ × 適正価格で。

 

 

より良い温熱環境(温度・湿度)を提供できる新商品の開発に励みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

池田晃啓

 

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.