HOME > ブログ > 蚊の豆知識

蚊の豆知識

2017-07-01

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

 

最近ブラックコーヒーデビューをしました。

 

 

 

07_07-300x300

 

 

 

 

 

 

でも、出来ればミルク入りが良いです。谷口です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、ブラックコーヒーの苦みの美味しさが分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

プチ情報ですが、ブラックコーヒーをお茶の色くらいまで薄めると

 

 

 

 

 

 

 

 

麦茶になります。笑

 

 

 

 

 

 

 

興味のある方は、お試しください。

感想、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、蒸し暑い日が続いていますが

 

 

 

 

 

 

 

この時期から気になるのが蚊!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今季すでに2・3か所刺されました。。。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、蚊に関する豆知識をご紹介したいと思います。

 

 

 

mig

 

 

 

 

 

① 蚊の行動範囲は15m

下水溝や水路の近くにはご注意ください。

観葉植物を育てていらっしゃる方、鉢受けに水は溜まっていませんか?

水の溜まり場はボウフラ(蚊の幼虫)の発生源になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

② 蚊に刺されやすいのはO型

男性の方が刺されやすく、運動後、飲酒している方、体温の高い人

妊婦さん、赤ちゃんなどが刺されやすいそうですよ。

 

 

 

 

 

 

  

③ 血を吸うのはメスだけ。

普段は、植物の樹液や蜜を餌としていますが、

産卵期はエネルギーを蓄えるために血を吸うそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

④ 蚊に刺されても気づかないのは唾液に含まれる麻酔のせい

この唾液が痒みの原因になります。

ただし、産まれて蚊に刺されたことのない赤ちゃんは抗体がないので

痒みを感じないそうです。2回目以降は痒みを感じます。

 

 

 

 

 

 

厄介な蚊ですが、どう予防すれば良いのかというと

 

 

 

① アロマを利用。

ハーブの強い香りは、元々、害虫から身を守るためのものだそう。

お部屋が良い香りになるので一石二鳥ですね。

 

 

 

 

 

 

② 扇風機の風力で蚊を寄せ付けない

蚊の飛行能力は強くない為、扇風機の風で飛行妨害になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

③ 明るい色の服を着る。

暗い色は蚊が好むので、逆の明るい色を身に付けて

蚊を近寄らせないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも刺されるときは刺されます。

 

 

しかたありません。

 

 

 

 

 

 

 

スグに石鹸で洗い流し、薬を塗って、冷やしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすることで、大分マシになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

蚊に負けない夏をお過ごしください。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家づくりセミナー、勉強会

随時開催しております。

 

 

 

 

 

#大阪注文住宅

#大阪一戸建て

#大阪家づくりセミナー

#大阪家づくり勉強会

 

b627361347916d52100c59faa6da3989-150x150

06486d628c5914895e121c202daf07b7-150x150

logo

 

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.