HOME > ブログ > 高性能住宅VS一般的な住宅(2020年省エネ法には合格)

高性能住宅VS一般的な住宅(2020年省エネ法には合格)

2017-11-19

こんにちは。

アフターメンテナンスや現場進捗管理 

担当の池田 祐規です。

 

普段、Tシャツにジーパンしか着ない私にとって、

最近、一瞬にして寒くなったと感じながら、ブログを書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ie

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週から、今年できましたミニモデルハウスで、

温度・湿度・消費電力(kwh)の測定を始めました。

 

比較対象できるように、さまざまな違いがある2つのお家で、行います。

 

1つは、日本で一般的とされてますお家(建売住宅など)

もう1つは、Gハウスが、今後建てていこうとしています高性能住宅です。

 

測定を開始する前の朝8時時点では、

(屋外)

気温:5.2℃ 湿度:81%

 

(屋内)

一般的住宅の場合

気温:7.4℃ 湿度:41%

 

 

onndo2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高性能住宅

気温:12.5℃ 湿度:52%

 

 

onndo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という結果でした。

 

正直、エアコンをつける前で、ここまで違いがでていて、少し驚きました。

 

 

今日で、3日目でして、エアコンの暖房をつけている分、室内の温度は、

さほど変わらないのですが、消費電力に差が少しづつでてきていて、

3日目時点で、

高性能住宅 0kwh ➯ 5.18kwh

一般的な住宅 0kwh ➯ 6.59kwh

 

その差、1.41kwh でした。

 

電気代に換算しますと、

1kwhあたり約20円なので、28円の差ですね。

うまい棒3本に、ぎりぎり届かない程度でした(笑)

 

 

一か月後…..3ヵ月後と、どれくらい差がでるのかが、検討つきませんが、

また、お知らせします。

 

 

 

 

 

IMG_8791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのあたりにこだわって、作っていったかは、

後日ブログでアップしたいと思います。

 

 

季節の変わり目で、お体をお気を付けてお過ごしください^^

 

 

では、また!!

 

 

 

 

 

 

#家づくり 

#高性能住宅

#注文住宅

#大阪 注文住宅

#大阪 一戸建て

#大阪 新築

#新築 戸建て

#新築 注文住宅

 

 

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.