HOME > ブログ > 家ダイエット光熱費!30年後に2倍??

家ダイエット光熱費!30年後に2倍??

2018-03-15
images

ぁあ~。

庶民には厳しい話です。

 

 

電気代は実は気が付かないうちに

こっそりと上がっているんですね・・・

 

 

先日ZEHのお勉強でいろんなお話を

聞いてきました。

 

ZEH=簡単に言うとゼロエネルギーハウス

 

ちゃんと機密性能を上げて

    断熱性能もあげて

省CO2化に取り組んでる 

 

そんな感じでしょうか・

 

とにかくこれを国はどんどん普及させようとしています。

 

 

なぜか・・?

 

これは私なりの見解なので

独り言だと思って聞いてください。

 

 

福島の原発事故以降電力の問題は

いろいろ取り沙汰されていますが

廃棄するのに莫大な費用が必要です。

 

 

それだれが払うのって。。私たちです。

 

 

 

病気になって治療を受ける・・

もちろん保険に入っていれば全額では

ありません。たいていの方は7割くらいを

国が負担しています。

 

 

 

最近健康寿命という言葉をよく聞きますね。

なぜでしょう。

 

 

 

これ以上病気で働けない人を増やしたくないからです。

国に負担がかかるからですね。。

 

 

だからZEH住宅が必要なんです。

 

電気台は今後の予想で行くと

30年後には2倍だそうです。

だから自分で電気作って自分で自家消費してね

って言ってるんです。

 

健康寿命もそうです。

 

つまり家中同じ温度にして

ヒートショックで

死ぬんじゃなくて

倒れて入院介護生活をしない生活を

送れる家にしてほしいわけです。

 

 

 

 

CO2もできるだけ出さないでねって

言ってるんです。

地球温暖化をいまさらですが

防ごうとしているわけです。

 

私の小学校の頃は夏に30℃って!

あつ~”って言ってたのに

今や35℃。。またかって感じでしょ。

 

どんどん温暖化と季節の極端化が始まっているんです。

もう四季なんてなんてなくなるでしょう。

 

日本には二季しかなくなるんじゃないかと思うくらいに

気温が極端に変わっています。

 

 

 

高断熱化・エネルギー削減の理由をまとめます。

 

①光熱費の高騰

 年3%上昇(識者の見識)=30年後に2倍  

 

②CO2問題

 COP21/パリ協定の削減目標

 

③ヒートショックと健康性

 高齢者の入浴中の事故・冷え性・室内温度差

 

④医療費の高騰

 少子化時代の保険料

 

 

 

だからこそ私たち家を作るものは

家で皆さんの健康を守ることが

必要になってきていると思っています。

 

 

今からおうちを建てる方。見た目に安くても

家は何十年も住むもの。

そこにプラス

ライフサイクルコスト

が関係してくることを考えて

家は建てましょう。

 

 

冬の寒さを軽減し夏の暑さを防ぐ家に住むと

 

光熱費

医療費

健康

寿命

 

いろんな差が出てきますよ。

 

 

そんな私は鳥ちゃんのために24時間暖房中‥‥( ノД`)シクシク…

                 たばた

 

 

#ZEH#光熱費#CO2#医療費#大阪で家を建てる

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.