HOME > ブログ > 電気は、どうやってお家の中へ

電気は、どうやってお家の中へ

2018-03-11

こんにちは!
池田祐規(弟の方)です。

お久しぶりです。

先日、電気屋さんと一緒に、これから工事を始める予定の現場へ行き、どの電柱から電気を引き込むのかについて、打ち合わせにいきました。

電柱は、至る所にありますが、どのようにして家の中へ電気が入ってきているのかを、知っている人はあまりいない気がします。

dennki

電柱には、たくさんの電線が通っていますが、一番高いところに通っている線が、高圧線と呼ばれ、簡単にいうと発電所から運ばれた大元の電気を流す線です。
その高圧線の下に、低圧線が通っています。
この低圧線から、お家の中へ電気を引き込んでいるんです。

またその前に、高圧から低圧に変換しないといけません。
その変換機をトランスといい、電柱についているごみ箱みたいなボックスがそれです。

また、電話線と呼ばれる線が、一番下についており、家庭電話を使用する場合は、そこから引き込みます。

では、もし、良い土地が見つかり、「ここでお家を建てよう!」と思ったのに、全面道路に電柱がない場合は、どうするのでしょうか?
その場合は、関西電力さんが、新規で電柱を設置してくれるか、それとも近くの電柱から電線を引っ張ってきて、中継柱をたてて建てて対処してもらえますので、ご安心ください。
もちろん、その場合は、前もっての申請が必要で、約2か月程度かかるらしいです。

今日は、このへんで! さよなら~!

#家づくり
#マイホーム
#新築 戸建て
#大阪 土地探し
#家 電気

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.