HOME > ブログ > 野菜の保存方法

野菜の保存方法

2018-04-21

 

 

 

 

こんにちは。事務の谷口です。

 

 

 

 

最近、野菜の価格が安いのでつい買いすぎてしまいます。

 

 

 

 

 

「野菜 無料イラスト」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

野菜や果物の保存で大切なのは、いかに長持ちさせるかという事です。

なんでも冷蔵庫に入れたくなりますが、中には常温保存の方が良いものもあります。

それぞれの特徴をつかんで適切に保存したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は野菜の保存方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

アスパラ

ラップかビニール袋に入れて立てて冷蔵庫へ

 

 

 

青じそ

濡らしたキッチンペーパーで包みポリ袋に入れるか

少量の水を入れた瓶に入れ蓋をして冷蔵する

 

 

 

カボチャ

夏以外は常温で。

カット済みは種を取り、ラップに包んで冷蔵

 

 

 

キャベツ

芯を下にしてラップで包み冷蔵

(芯をくりぬいた部分に水をしみこませたキッチンペーパーを入れると、鮮度が続きます)

 

 

 

 

きゅうり

新聞紙に包んでポリ袋に入れ、

密封せずに立てて冷蔵

 

 

 

ごぼう・里芋

泥付きは新聞紙にくるんで常温保存

洗いごぼうは濡らした新聞紙にくるみラップで包んで冷蔵保存

 

 

 

ジャガイモ

新聞紙で包んで涼しい場所へ

夏場はポリ袋に入れて冷蔵庫へ

 

 

 

ショウガ

新聞紙に包んで冷暗所で保存

 

 

 

セロリ

葉と茎を分けてビニール袋に入れて立てて保存

 

 

 

大根・人参

新聞紙やラップにくるんで冷蔵保存

 

 

 

玉ねぎ

ネットに入れ涼しい場所へ

夏場や、新玉ねぎは冷蔵保存

 

 

 

トマト・ナス

夏場はラップに包んで冷蔵

トマトはヘタを下に向ける

 

 

 

リンゴ

リンゴから発生するエチレンガスは葉物の傷みを早くするため

野菜などの近くに置かない

 

 

 

 

干ししいたけ

開封後は電子レンジに傘を裏返して並べ30秒ほど加熱乾燥させる

 

 

 

 

いかがでしたか?

全て知っているという方はお料理好きの方かな?

 

 

 

 

ご存じでなかった方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.