HOME > ブログ > 見せる収納・隠す収納

見せる収納・隠す収納

2018-05-27

こんにちは。

池田 祐規です。

 

 

スッキリした部屋づくりに重要なのが収納の考え方です。

 

収納には「見せる収納」と「隠す収納」の2つの方法があります。

 

部屋の雰囲気や使い勝手に合わせて使い分けましょう。

 

 

 

 

burpfu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇デザイン性の高い本や雑貨は「見せる」収納にしよう

 

 

 

 

「見せる収納」とはディスプレーと収納を兼ねてモノを

 

配置することです。

 

リビングやキッチンなど来客のある部屋では、デザイン性の高い本、

 

食器、雑貨をオープン棚やキッチンカウンターの上などに飾って、

 

あえて「見せる収納」にするの手です。

 

棚に扉をつけない分コストを抑えられ、部屋の圧迫感を軽減できる

 

利点もあります。使い勝手の点でも、ひんぱんに使うものは

 

見せて収納した方が便利です。

 

 

 

 

 

 

◇上手に「見せる」ために詰め込まないようにしよう

 

 

 

棚にものを飾るときは「ぎっしり置かない」ことです。

 

空間にゆとりをもたせることで、ゆったりと見せられます。

 

さらに、飾るモノの大きさや色を揃えれば、

 

雑然とならずスマートな印象になります。

 

小さなグリーンや多肉植物などをプラスするのも、

 

生活感を消すのにオススメのテクニックです。

 

自慢のコレクションを目立たせたいなら、一部に当たるように

 

ライトアップなどの工夫をするのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

◇生活感が出るものは「隠す」収納を選ぼう

 

 

 

子どものおもちゃや食料品、日用品、電化製品などです。

 

生活感が出てしまいがちなアイテムは、カゴやボックスに隠したり、

 

トレーにまとめたりしてとことん隠すのがコツです。

 

パッケージが派手なものや、インテリアの雰囲気に合わないものを

 

隠すだけでも、部屋のスッキリ感はアップします。

 

雑多なものだけでなく、危ないものや細かいものなど、

 

子どもに触れてほしくないものも隠して整理しましょう。

 

 

セミナーを毎月開催しております!!

ぜひご参加ください☆

こちらをクリック

http://www.g-house.osaka.jp/seminar/7121.html

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

#家づくり #新築 大阪

#戸建て #注文住宅

#収納

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.