HOME > ブログ > 暑さ対策

暑さ対策

2018-07-13

みなさん、こんにちは!

 

 

先週は西日本で豪雨があり

いまだにまだ避難を強いられている方がいらっしゃったりと

被害状況が深刻ですね。

 

最近、地震や豪雨などの自然災害が続いており

防犯対策も考え直さなければいけないな~

と私も思っています。

 

連日の雨も終わり、いつの間にか梅雨も終わり

最近またどんどん一段と

暑さが増してきて遂にわたしの自宅でも

エアコン解禁をしてしまいました。

 

一度つけてしまったら

家族みんな続々とエアコンのスイッチを押してしまい

帰宅後寝るまでリビングはずっとつけっぱなしです。

 

 

 

 

 

最近のエアコンは省エネが進んでいて、

電気代が安くなっていますが

それでも電気代は気になりますよね。

 

 

10年ほど前のエアコンと現在のエアコンの

電気代を比較してみると

およそ、1時間で10円の差があるようです。

=1か月で大体3000円ほどの差があるようです。

 

 

でもエアコンの効いたところにずっといても

体調を崩してしまったりと

あまり使いすぎもよくないですよね。

 

 

エアコンを使用せずに

部屋が涼しくなる方法をご紹介します。

 

 

 

 

①風の入れ替え

帰宅後、窓を閉め切ったままのつい空気は

窓をあれば2つ開けて新しい風を取り入れてあげましょう。

その際、扇風機が2台あれば

一台は首振りにして、

もう一台は

窓の方に扇風機の風を向けてあげると

部屋の中に合った古い空気は出ていきやすくなります。

 

 

②体を直接冷やす

脇や首の後ろなど保冷剤を薄めのタオルやガーゼに巻いて

冷やしてあげると、涼しくなります。

また、アイスクリームなど冷たいものを食べて

直接体を冷やすのもオススメです。

 

また最近はニトリやイオンなどで

ひんやり冷たく感じる冷感の寝具も売っているので

熱帯夜対策になるかと思います。

 

 

 

③日差しを遮る

古典的な方法ですが、すだれを使ったり

遮光カーテンをつけるのもいいでしょう。

またツルの植物(夏野菜のゴーヤやキュウリなど)で

緑のカーテンを作ってもいいと思います。

(キュウリは体温を下げてくれる働きがあるようです。)

 

 

以上、エアコンの節約方法でしたが、

 

暑い中、エアコンをつけずに我慢し、無理をしても

熱中症になったりと危険ですので、無理はなさらない程度にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナーへの参加は↓こちらからどうぞ

 

 

 

↓無料勉強会随時開催中

 

 

 

 

 

 

 

 

pegetop

お問合せ

Gハウス

家族思いの納得住宅研究所 株式会社Gハウス 〒535-0022 大阪市旭区新森2丁目23-12 

Copyright© 2014 大阪で注文住宅・一戸建て・新築ならGハウス All Rights Reserved.